TREND最新トピック

MEMBERS ROOTS

【録画公開】UXリサーチから分かる銀行アプリ改善のポイントとアプリ開発プロジェクトの進め方

UXリサーチから分かる銀行アプリ改善のポイントとアプリ開発プロジェクトの進め方

概要

デジタル庁の創設が発表されたように、日本の今後を左右するのは「デジタルトランスフォーメーション(DX)」です。
特に、コスト削減と次代のビジネスモデル確立が急務となっている地方銀行・地域金融機関においては、DXの取り組みが自行の生き残りに欠かせないばかりか、地域経済の発展への期待が掛かる取り組みとして期待されています。
そのDXの取り組みの中で、特に金融機関において重要な顧客接点となるのがスマートフォンアプリです。
私たちが行った調査では、第一地銀64行中59行が既に自社アプリを有し活用している一方で、その活用度や顧客にとっての使い勝手の良さにバラつきがあることが分かりました。
本セミナーでは、「アジャイルUXリサーチ」を提供するポップインサイトカンパニーと地銀DX支援に特化するメンバーズルーツカンパニーのノウハウを基に、銀行アプリの改善ポイントをユーザー視点から明らかにし、クイックかつローコストで導入できるUXリサーチを取り入れたアプリ開発・改善の進め方について、解説します。
※本動画は2021年3月3日(水)に開催をした、セミナーの録画配信コンテンツです。

こんな人におすすめ

・地域金融機関において、デジタルを活用した業務に携わっている方
・今後新たなデジタルプロジェクトの立ち上げに携われる方
・地域金融機関の、Webサイト等デジタルチャネルの責任者の方
・自行のアプリやWebサイトのUX改善に興味がある方

アジェンダ

1. UXリサーチで分かった地銀アプリの改善ポイント (0:07~)
 銀行アプリにおいて、実際にお客様アンケートを行った結果内容から、
 銀行アプリで検討したほうが良いこと、見るべき視点についてご紹介します。
2. DXプロジェクトの進め方 -アプリ開発プロジェクト編-(26:02~)
 アプリの利用傾向、各銀行のアプリの推進度の調査結果を報告した上で、
 実際のアプリ支援実績をベースに、アプリ構築のポイントについてご紹介します。

セミナー動画
登壇者

白石 啓
株式会社メンバーズ ポップインサイトカンパニー
マネージャー

図書館、学術研究機関において、デジタルアーカイブや学術情報サービスの企画や開発を担当した後、2018年5月に当時子会社であったポップインサイトに入社。不動産、通信、飲食、教育などさまざまな業界のUXリサーチに携わる。2019年12月にマネージャーとなり、UXリサーチャーの育成やリサーチプロセスの改善なども担当している。
HCD-Net認定 人間中心設計スペシャリスト

武田 潤平
株式会社メンバーズ メンバーズルーツカンパニー
プロデューサー

2008年に新卒でメンバーズに入社。
サイトの立ち上げ、改修、運用とweb制作の一連のディレクション業務を経験し、複数の企業さまの客先常駐の経験から、お客様に寄り添いプロジェクトに合わせて、最適な進め方の構築、運用支援、PDCA運用の仕組みづくりなどを得意としている。
2020年4月よりメンバーズルーツカンパニーに所属。

参考資料

本セミナーの第2部で説明した、銀行アプリの詳細レポートに関しては、下記ページより資料請求ができます。ご興味のある方はご確認ください。

SHARE
武田 潤平

Profile

武田 潤平

2008年に新卒でメンバーズに入社。サイトの立ち上げ、改修、運用とweb制作の一連のディレクション業務を経験し、複数の企業さまの客先常駐の経験から、お客様に寄り添いプロジェクトに合わせて、最適な進め方の構築や案件マニュアルの作成、効率化ツール開発、PDCA運用の仕組みづくりなどを得意としている。2020年4月よりメンバーズルーツカンパニーに所属。

NEW POSTこのライターの最新記事

CONTACTお問い合わせ

お問い合わせ