MEMBERS ROOTS

Find Our Roots!メンバーインタビュー

MEMBERS ROOTS

Find Our Roots!メンバーインタビュー

株式会社メンバーズの「地方企業のデジタルトランスフォーメーションを支援する」新規事業として立ち上がったメンバーズルーツカンパニー。
そこで、デジタルクリエイターとして活躍するプロフェッショナル達のキャリアや素顔など「ルーツ」に迫るインタビューをお届けします。

Find Our Roots!
「地元京都を活気づけられるデジタルプロデューサーを目指して」

「地元京都を活気づけられるデジタルプロデューサーを目指して」

Webディレクター三角 恭平

 

三角さんのこれまでの経歴について教えてください。

2019年に新卒で株式会社メンバーズに入社し今2年目になるWebディレクターです。他のカンパニーからの異動という形で、2020年10月1日付でメンバーズルーツカンパニーへ参画しました。

そもそもメンバーズに入社した動機はどんなものだったのでしょう?

父、祖父が新しいもの好きな人で、小さいころからパソコンがある環境で過ごしていました。その影響で小学生の頃からパソコンを使って絵を描いたり、祖父に教わってエクセルを使っていたりしていたんです。その影響からか私は文系大学卒だったのですが、パソコンやインターネットを使ったモノづくりに関われる仕事に就きたいと考えていました。

そして就職活動で色々調べていた中で「カッコイイな!」と思う某企業さんのWebサイトを見つけまして、それを作っている会社を調べてみたところメンバーズの名前に行き当たったんです。*1
メンバーズでは学生時代のサークル活動の時のようにチームや団体で何かをやり遂げる達成感を仕事でも得られると感じ実際に働くイメージを持てたこと、社会課題解決に取り組むCSV経営、中でも地域活性化にも取り組んでいる点に、京都府の標高200メートルの山の中出身の自分はとても共感できたので、入社を決めました。
*1…実際はメンバーズが制作したサイトでは無かったとのこと

メンバーズのカルチャーやミッション・ビジョンと三角さんの職業観がマッチしていたということですね。次に、メンバーズに入社してからのことを教えてください。

はい。入社後は研修期間を経て、某銀行様の担当ユニットへ配属されました。そこはWebサイトの定常更新や制作を受け持つ10人くらいのインハウス(常駐)チームで、私はディレクターとして働き始めました。
初めての社会人経験ということもあり、お客様の業務内容も分かりませんし銀行様特有の業務ルールというものもあり、覚えないといけない事が多くありました。
また、日々の銀行のWebサイト運用を支えているチームですから、とにかく案件数が多くそれを円滑にスピーディーに回していくことが求められていましたので、何とか追いついて対応できるようにすることが、自分のWebディレクターとしての最初の目標・課題でした。

Webやデジタルに関する専門スキルをまだあまり有していない状態でディレクターとしてお客様先に常駐したと思うのですが、どうやってディレクターのスキルを身に着けていったのでしょうか?

研修期間中に制作スキルを含めたデジタルクリエイターのベースを身に着けるための学習やトレーニングは受けていました。それに加えて自主学習でもう一歩進めたり、副業でサイト制作経験を積む事をしていましたので、それが特に初期の自分の仕事の支えになっていましたね。

おお、自身で副業してまで制作経験を積んでいたとは凄いですね。ディレクターとしての業務を行う際に、まず制作に必要なコーディングのスキルを身に着けようと取り組んでいて、それが実際の現場で役立ったということですね。

そうですね。やはりお客さんの要望や意向を受けて調整したり説明したりという事がディレクターの仕事ですから、後工程である制作に関する知識や技術をディレクターが持つことで説得力が上がると思っていました。元々、技術力や知識のある営業やディレクターというものに憧れていたのもあったので自然に取り組んでいたのかも知れません。
そして、実際にコーディングの経験があった事で、お客さんの要望をどう実現できるのか?という点を少し手を動かしてみることで判断できる点もありましたし、制作を依頼するチームメンバーへの説明をより具体的に出来る事もあり、やっていた事は間違いじゃなかったと思いました。

会社から与えられたことだけでは無く、成果を上げるために何ができるか?ということを自身で考えて行動していたことは素晴らしいと思います。とはいえ、壁にぶつかることは無かったですか?

もちろん、大変な経験もしました。
とある案件のディレクションを担当した際に、なかなかお客様の要望通りにページが出来上がらず、納品前日にも関わらず「修正」と「お客様の確認」を5往復くらい繰り返す、ということがあったんです。原因は、事前に品質の基準を決めその水準を満たしているかという品質管理が不足している点があったから起きたことでした。
この時に自分のディレクターとしての認識の甘さを痛感しました。そして結果として、制作を担当している同僚クリエイターにもお客様にも迷惑を掛けることになりました。
その案件の担当ディレクターが自分なのであれば、そこで発生している品質責任は唯一のディレクターとして見ている自分にある、という自覚が足りていないことに気づかされました。
それ以来、もう同じ失敗はしないと肝に銘じ、品質をしっかり担保することが自分の役割だ、と自覚をもって業務に取り組むようになりました。その結果、以後は事前に品質担保を考えた業務進行を行えるようになり同様の事は起きることは無く、そのお陰で更に、先回りして業務を進行することが出来たり、もっとそのページを良くするための提案に時間を作れるようになりました。
振り返るととても貴重な経験でした。

ディレクターとして成長するきっかけであり教訓になったのですね。
その後はご自身の業務や役割に変化はありましたか?

そうですね。まずその後、コーディング担当のリソースが足りない時期があり、私に制作経験があったため、ディレクターでありながら自分で制作まで手掛けるというポジションを経験しました。
そして更にその後には、お客様である行員さん側のアシスタントという役割も経験しました。
それまではお客様の要望を受けて制作する側だったのですが、お客様側に立ってチームへ依頼する側になったのです。
お客様側がなぜこの依頼をするのか?なぜ急いで対応する必要があるのか?など依頼や企画に関係するビジネス面の背景を知ることが出来たのは、この経験も大変貴重でした。

本当に次々と良い経験を積まれて来ていますね。では、それらの業務の中で三角さんがディレクターだから経験できた楽しさ喜びはどんなものでしょうか?

やはり一番嬉しいのは、自分が企画段階から担当して作り上げたページなどが、公開して世の中に出ていった時ですね。
少し難しい金融系商品のトップページを改修する案件を手がけた時に、先方の審査担当の方から「こんなに理解しやすいサイトになったことに感動した。以前からこのサイトだったらどれだけ助かったことか!」とお褒めの言葉を頂いたことがありました。
その時は、競合企業のサイトを調べたり、金融商品の特に初心者の人にどう伝えたら分かりやすいか?ということを自分なりに考えて作っていたので、それが実ったように感じられて本当に嬉しかったです。
このように自分の出来ることが広がり、考えた提案が実現でき、そしてそれが更にお客様や使うユーザーの役に立つ、という点がデジタルクリエイターという仕事の楽しい点だと思っています。

ディレクター(クリエイター)の仕事の楽しさが具体的に伝わるお話をありがとうございます!そんな三角さんが今回メンバーズルーツカンパニーへの参加を決めた理由はどんなものだったのでしょうか?

やはり最初にお話ししたように、地元である京都に貢献出来る事をしたい、という気持ちを強く持っていました。学生時代にホテルや飲食店でアルバイトをしていたのですが、集客面などで苦戦しているところが沢山あるんです。
「魅力的なお店なのに、、、」と思うのですが、外にその魅力が伝わっていなかったり、情報を提供するWebサイトが整備されていない企業が多いと感じたんです。
だから、将来、地元である京都や同じような課題を抱える地域を活気づけることが出来るデジタルプロデューサーになりたいと考え、メンバーズルーツカンパニーであればそれが出来るのではないか?と思い、手を挙げさせて頂きました。
ただ「Webサイトを作りたい」と言われたから作るのではなくなぜ作るのか?
デジタルありきでは無く課題の本質を捉えた解決のお手伝いができるようになれたら、と考えています。

そういう想いで来てくれたことに感謝します。
では、最後にこれからどんなチャレンジや貢献をしていきたいと考えているか教えてください!

将来的には企業だけでなく自治体・官公庁など地域を支えるあらゆる団体のデジタル化(デジタルトランスフォーメーション)の支援を出来るような存在になりたいと思っています。
そのためにはデジタル周辺で困っている方がいたら手助け出来るような必要とされるスキルをもっと増やしていき、解決手段を一緒の目線で考えられるクリエイターを目指していきたいです。

期待しています。一緒に頑張りましょう!

はい!

SHARE

Profile

2019年に新卒でメンバーズに入社。大手銀行常駐でWebサイトの運用改善ディレクションやコーディングを担当。ほぼ未経験ながら(業務外で)クラウドソーシングサービス内で果敢に営業を掛けホームページ作成の仕事をゲットするなど、スキルアップ・自己成長に貪欲なクリエイター。

趣味/マイブーム:キャンプで焚き火すること
私のルーツ:「好奇心旺盛」「大学時代のアカペラサークル幹部経験」「ホームページ作成の副業」

 

NEW POSTこのライターの最新記事

MORE INTERVIEW他のインタビュー

「エンジニアだから出来ること、で役に立ちたい。」
「地元京都を活気づけられるデジタルプロデューサーを目指して」
「お客様の本当の想いをくみ取り、形に出来るデザイナーに」
「日本中の人や企業を巻き込んで、ワクワクする会社を創りたい」
「地方企業の課題や悩みに寄り添い、解決に導くマルチプレーヤー」
「地方企業のマーケティングを変え心豊かな社会を創る」

CONTACTお問い合わせ

お問い合わせ