TREND最新トピック

MEMBERS ROOTS

若手メンバーが魅力を紹介!メンバーズルーツってどんな会社?

こんにちは、メンバーズルーツの武田です。
昨年4月に立ち上がった、メンバーズルーツも、4月から2期目がスタート。
先日グループ会社向けに、会社説明会を実施しました。カンパニー社長の神尾だけでなく、新卒2年目の森、3年目の三角も登壇させて頂き、メンバーズルーツを知れる良い会だったので報告させていただきます。

メンバーズルーツってどんな会社なの?

何で地方企業をターゲットにしているの?

今まで地方企業は、デジタル後進地域で、東京と比較して5年くらい遅れており、なかなか予算もなく、ビジネスの採算が合わなく、メンバーズでもターゲットにしてこれなかった。
でも、東京の一極集中になってきて、地方の過疎化が進んできており、良いことを行っている企業でも、デジタル施策の部分が後進的で、なかなか光が当たっていない実情もあり、困っているのは、地方企業だと思い、誰かが変えていかないといけないのでは?と思い、チャレンジをしている。

1年間会社を運営してきてわかったこと

昨年、デジタル人材を時間単位で契約をして、少ない人月などでも支援ができる、タイムシェアサービスを作って、地方企業に営業をしたが、「良いね」とは言ってもらえるが、なかなか受注することができなかった。
色々な企業さまに提案をしてきて、気づいた部分は、地方企業は東京と比較をすると、実施できる規模が小さいため、『分業ではなく、多能工スキルが求められる』『施策の量ではなく、一個の質が求められる』『成果物ではなく成果が大事』ということがわかりました。
このため、メンバーズルーツでは、独自にフルスタックディレクター職を定義。多能工のスキルを持ったディレクターが、お客様の要望をヒアリングし、施策を考え、実際に手を動かして実装をすることで、顧客の成果を上げる事を大事にしています。

求められるスキルって??

メンバーズルーツでは、浅くても幅広いスキルが求められます。クライアントの課題を解決するために、「グロース」「ディレクション」「広告」「デザイン」「開発」など、最適解の引き出しを多く持って、推進するスキルを求めています。
また、わからないことは、抱え込むのではなく、すぐに聞いて、周りを巻き込んで、プロジェクトを推進していける事が大事だと思っています。

求められる思考って??

大事なことは、コミットするのは成果物ではなく、成果であることです。
お客さんが叶えてほしいことは、モノを作ってほしいのではなく、成果を出してほしいと考えているので、良い意味でクライアントの言いなりにならず、プロジェクトを推進することが大事です。そのように進めていくことで、自分で考えて施策を実行できるので、働くモチベーションも変わってくると思います。

新卒3年目の三角さんが思うメンバーズルーツ

ルーツでの仕事内容は?

リニューアルの案件のメインディレクションや、金融機関の分析基盤の構築、新規案件の提案活動や、自社マーケティングで、サイト改修や、ブログ記事の設計など、さまざまな業務に携わっています。

ルーツならではの経験は?

1つ目は、案件種類の豊富さです。サイトリニューアルの推進や、分析レポートの作成、ページ改修のディレクションなど、デジタルマーケティングを行う上で、広範囲の領域での仕事ができ、学ぶことができる部分です。
2つ目は、自社サイトのWEBマスター業務です。実際にリード獲得をすることを目標として、集客、回遊、CV改善などを、自分たちでレポーティングをし、改善施策を考え、さまざまなサポートメンバーを巻き込んで、推進していきます。とても自由な権限をもらえて、自分意思決定で進められる部分が刺激的で面白いです。
3つ目は、営業活動に参加している部分です。自分の将来の目標としては、地元京都の活性化を推進するプロデューサーになりたいのですが、全国の様々な業界のお客さんから課題をヒアリングをし、実際に自分で解決するための施策を考えて、提案までできる部分が楽しいです。

ルーツってどんな雰囲気??

ポテンシャルとモチベーションが高いメンバーが、少数精鋭で働いているイメージがあります。近くでお手本となる先輩がいる中で働けるので、すごく勉強になります。
また、まだ会社の立ち上げ期なので、市場があるかもわからない状態から、メンバー全員で模索をしながら仕事をしているので、みんなで助け合って乗り越えようとする気持ちが強いように感じます。

新卒2年目の森さんが思うメンバーズルーツ

現在の行っている仕事内容は?

現在は、リニューアルの案件のディレクションや、運用案件のディレクション、自社のマーケティング担当として、メルマガの配信や、コンテンツ作成などを実施しています。

ルーツならではの経験は?

ルーツでしかできない経験を語るとすると3つあります。
まず1つ目は、仕事の幅が広いことです。今までは、エンジニアだけの仕事しかしてこなかったが、提案、企画、ディレクション、デザイン、コーディングなど仕事の幅広い部分などが特徴的です。
2つ目は、良い意味で、『やってみよう』と任せてもらえる環境があります。自分の場合は自社マーケの担当でメルマガの施策を行ったりしているのですが、会議に出た意見とかを、すぐやってみよう。ってアクションに動く部分が、面白いです。
3つ目は、自分が関わるプロジェクトだからかもしれませんが、対面するお客さんが、経営層の方で、上流部分の話を一緒に話せる部分も、新卒2年目ではなかなか体験できない経験で、すごく楽しいと思っています。

ルーツってどんな雰囲気??

立ち上がり期で、役割が多く、色々やることが多くてバラバラになりやすいと思うが、できない部分はみんなで助け合って進められている部分が魅力です。
また、朝会だったり、読書会だったり、さまざまなイベントで和気あいあいと話している部分もあれば、気を引き締めてやる部分は、はっきりしていて、オンオフとかしっかりしています

最後に

メンバーズルーツで働くメンバーが、どのように働いているか、少しイメージできましたでしょうか?メンバーズルーツのビジョンは「地方企業のマーケティングを変え心豊かな社会を創る」です。ログデータや顧客行動をベースに課題を出し、自分で手を動かして施策を遂行する実行力があるメンバーを探しています。チャレンジする場はすごくあるので、少しでも興味があると思った方は、こちらからご連絡いただけますと幸いです。

SHARE
武田 潤平

Profile

武田 潤平

2008年に新卒でメンバーズに入社。サイトの立ち上げ、改修、運用とweb制作の一連のディレクション業務を経験し、複数の企業さまの客先常駐の経験から、お客様に寄り添いプロジェクトに合わせて、最適な進め方の構築や案件マニュアルの作成、効率化ツール開発、PDCA運用の仕組みづくりなどを得意としている。2020年4月よりメンバーズルーツカンパニーに所属。

NEW POSTこのライターの最新記事

CONTACTお問い合わせ

お問い合わせ